【クーポン付き】UGGの工場見学&オーダーメイドブーツ作り!本物?ニセモノ?UGGについて徹底解説♡


スポンサードリンク


 

こんにちは!ゴールドコーストにて夫婦でワーホリ中の嫁のKeito(@hinumafuuuf)です!

先日、ゴールドコーストのマイアミにあるUGG工場にて、工場見学&オーダーメイドブーツ作りを体験してきました♡

実はゴールドコーストに来た当初(1年前)からずっと来たいと思っていたところ。

やっと来れたー!!

そして、めっちゃよかった〜〜!!!

 

ってことで、今日はその工場見学とオーダーメイドブーツについて詳しく書きたいと思います。

また、UGGの種類や本物?ニセモノ?などについても徹底解説したいと思いますので、UGGに興味のある方はぜひ参考にしてください♡

送料無料クーポンも最後にご紹介してます!

 

そもそもUGGって?

UGGという名前は総称

日本でも馴染み深いUGGブーツ。この「UGG」という名前、ブランド名ではなく、オーストラリアで発祥したシープスキンブーツの総称を指しているんです。

実は、UGGと呼ばれるブーツを作っている会社は何十社もあり、何十〜何百種類ものデザインやロゴが存在しています。

 

本物?ニセモノ?

オーストラリアに来た方によく聞かれるのが、「どのUGGショップに行けば本物が買えますか?」という質問。

先ほども説明した通り、UGGブーツを製造している会社はたくさんあります。

ですが、日本の方が想像するUGGはおそらくこちらのロゴのみ

真ん中のGが大きく、登録商標を表す®️がついているコレです。

 

このUGG®︎は、オーストラリア人によってアメリカで設立された会社です。

数あるUGGブーツの会社の中の、UGG®︎という会社ってことです。

このUGG®︎のブーツはアメリカで大ヒットしたため、会社が自社のブランドロゴを商標登録し、世界の国々での販売権利を得ました。現在150カ国近い国々でこのアメリカのUGG®︎ブランドが流通しています。

日本もそのうちの一つ。

UGG®︎が日本のUGGブーツ界を独占しているため、日本にはこのロゴのショップしか存在しません。だから日本人はUGGといえば=UGG®︎だと思っているのです。

このUGG®︎ブランドは世界シェアも最大規模であるため、世界的に一番有名なUGGブーツブランドと言えます。

 

しかしここオーストラリアでは、UGGブーツ界がUGG®︎に独占されていません。もともとUGGブーツの発祥地であるオーストラリアでは古くから多くの会社がUGGブーツを製造していたため、それが尊重され、多くの会社がUGGを販売することが認められているのです。

日本にはあのUGG®︎しかないのに、オーストラリアに来るといろ〜〜んなUGGがあるんです!

そりゃあ日本人はみんな「え???ナニコレニセモノ??」ってなりますよね(笑)

オーストラリアとニュージーランドで販売されているUGGの中には、UGG®︎よりも歴史が深いものだってあります。

なので正直言って、ニセモノとか本物とかありません!(笑)

全部ホンモノです!(笑)

※そりゃあシープスキンを使わずに合皮や違う皮を使っている物はニセモノです。日本でも靴屋さんにノーブランドのムートンが2000円くらいで売っていたりしますよね。あーいうのはシープスキン使ってないのでニセモノです。

オーストラリアにチェーン店としていくつか店舗を出していてシープスキンを使っているお店は、本物と捉えて良いと言うことです。

 

ホンモノでも中国製のものはあります

よく、このタグがついていれば Made in Australia と思っている方がいますが(私もそうでした)、最後の仕上げ工程だけをオーストラリアで済ませたブーツにもこのタグは付くそうです。

途中まで中国で作って、最後だけオーストラリアという可能性もあるということです。(だからってニセモノってわけじゃないんだけど・・)

あのUGG®︎だって、実は製造は全て中国で行われていて、タグには Made in China と書かれています。

オーストラリアのシープスキンを使っているけど製造は中国だったり、皮も製造も中国だったり、皮も製造もオーストラリアだったり、色んな店があるんです。でも、しっかりとしたシープスキンを使っていれば、UGGなんです。

景音
じゃあ一体どのUGGを買えばいいの???

ってことになってきますよね。

製造地にこだわりがなければ、自分が可愛いと思うデザインが置いてある店で買えばいいと思います。

「せっかくオーストラリアに来てオーストラリア発祥のUGGを買うんだったら、すべて Made in Australia のものが欲しい!!!」

という方は、ブーツの中についているタグを見るといいそうです。

タグに【 Made in Australia 】と書いてあればすべてオーストラリアで作られています。※【Australia】だけではダメ!【 Made in Australia 】です!

 

 

説明が長くなっちゃいましたが・・

私が今回おすすめするのはオーストラリア産シープスキンを使いオーストラリアにて手作業で作られた正真正銘オーストラリアンメイドの

【UGG 〜Since 1974〜】というUGGブランドです。

オーダメイドや工場見学を行なっているのもこのお店。

ここからはこのUGG 〜Since 1974〜について紹介していきます♡

 

スポンサードリンク

 

UGG 〜Since 1974〜

このロゴが目印です!

1974年に設立された老舗UGGブランド。100%オーストラリアンメイドで、ゴールドコーストのマイアミ工場にてすべて手作業で作られています。

工場見学

ここ、UGG Australia Made Factory Outlet では、工場見学ができます♩

サーファーズパラダイスからトラムとバスで行けます。

事前予約不要で、レジにて工場見学したいと伝えると1人15ドルにて工場案内をしてくれます♡

見学の最後にはお店で使える割引チケットが貰えるので、購入することが確実なら工場見学代は実質タダになるようなもんです!

ちなみにこの工場に併設されているショップにはアウトレットコーナーもあり、20%オフで購入できます♡ほんの少し皮にシワや傷が入っていたりする程度なので、サイズが合えば超お得です!

 

工場の様子

めっちゃ手際よく、かつ丁寧に作ってくれています。職人技すごい!おもしろくてずっと見てられる!

 

ここはソールを付けるところ▼

 

タグやプライスシールもすべて手作業で貼られています♡

 

自分の好きなUGGをカスタム!

 UGG 〜Since 1974〜 では自分の好きなUGGをオーダーすることができちゃいます!あらかじめ決まっている型の中から好きなデザインを選び、色はもちろん、生地の素材や糸やボタンの色、ロゴマーク、ソールまで自由にカスタムできますよー!!

スエードだけでなく一部を革にしてみたり、コーデュロイにしてみたり、デニムにしてみたり。スワロフスキーの飾りを付けたりもできます!

もちろんブーツだけでなく、サンダルやクラッチをオーダーすることもできます♡

 

 オーダーメイドの様子

実際にブーツに色を当ててみて、じっくりデザインを考えます。

 

ほんとカスタムできること多くて悩みすぎて1時間半くらいかかった(笑)世界に1つしかない自分だけのUGGブーツ。すでに愛着が・・・♡

 

サイズ

ネットで靴を買うにあたり悩みとなるのがサイズですが、公式サイトにどのサイズを買えばいいかのサイズチャートが載っています。

UGGブーツは中がモコモコしていて履いていくうちに毛が寝てくるので、多少小さめのサイズを購入してものちのち馴染んできます。

私は普段23.5cmの靴を履いているのですが、サイズ7でぴったりでした!

 

仕上がり

オーダーしてから出来上がるまで約2日。サーファーズパラダイス店でも受け取り可能です。

こんな素敵にラッピングしてくれます〜♡

そしてなんと、12ヶ月の保証付きです♩

 

日沼夫婦から特別クーポン

今回のUGGでの体験が本当に楽しくて、「日本のみんなにもたくさん発信するね〜!!」とオーナーさんに伝えたところ、なんと特別にクーポンコードを作ってもらうことができました♩

購入画面のクーポンコード欄に【KENANDKATE】と入力すると、通常40ドルの日本への送料を無料にしてくれるとのことです♡※150ドル以上のお買い物にて。2019年1月31日まで

もちろん日本からでなくでも、現在オーストラリアにいて「オーダーブーツが欲しいけど、荷物増えるしな〜」なんて方や、「こっちでは暑くて履かないから、買っといて日本に送りたい」なんて方も使えるクーポンです!

インターネットからも自分で好きな色を選んだりイニシャルを入れたりすることが可能です。

また、オーダーメイドでなくても日本で売られているUGG®︎とは違ったデザインがあったり、価格もより安価なものが多いので是非一度見てみてください♡

公式サイト▶︎https://www.uggsince1974.com.au

 

 

まとめ

たとえ Made in China でも、世界的に有名なアメリカのUGG®︎が良くてそれを買う人もいれば、日本では手に入らない他のUGGが欲しいと思う人もいると思うので人それぞれですよね。

少なくとも私は、せっかくオーストラリアに2年も住んだことだし、思い入れのある土地でオージーの職人達が手作業で作ったここでしか買えないUGGを買って帰りたい・・・!!!

と工場見学をして感じました♡

自分で色やソールも選んでデザインして、さらにはそのブーツが作られていく工程なんか見たら、愛着湧きすぎて汚れてクタクタになっても絶対捨てられないな〜〜

オーダーメイドはマイアミの工場だけでなく、各ショップからも注文できるのでワーホリや旅行者の方は是非足を運んでみてください♡

※ショップはゴールドコーストのサーファーズパラダイスに2店舗とシドニーのロックスに1店舗あります!詳細は公式サイトから♡

 

 

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください