【Uber EATS・ウーバーイーツ】ABNを使って働くと、ガソリン代、税金が実質ゼロになる!


スポンサードリンク


こんにちは。夫婦でワーホリ中のKentaro(@hinumafuuuf)です。

最近もウーバーイーツデリバリーを時々やっている僕ですが、

 

ウーバーの税金ってどうすれば良いんだろう?

そもそもABNってなんなの?取るべきなの?

 

という疑問が頭によぎり、不安で色々調べてみたところ

なんと衝撃的事実が発覚しました・・・!

 

 

ある方法を使えば、UberEatsの配達でかかるガソリン代が経費として落ちるようなのです!

今回はABNについて、そしてガソリン代を経費として落とす裏技について解説していきます。

 

そもそもABNって何?

雇用契約とABNの違い

全ての労働者にタックスファイルナンバー(納税者番号)の取得が義務付けられています。

日本でも所得税は源泉徴収により給与から差し引かれ、税引き後の金額が支払われますよね。

この場合は雇用契約になり、雇用主には最低賃金の順守や年金の支払い義務がありあます。

 

マッサージ、クリーナー、ネイルサロンなどで働く場合、ABNを取るように言われます。

時給で働らかせることが雇用主にとって難しい場合、このような体制で運営してることが多いようです。

 

こういった場合、個人事業主として労働者がオーストラリアビジネスナンバーABN)を取得し仕事することになります。この場合、請負契約となります。

請負契約の場合、最低賃金の適用を受けないほか、仕事の発注者(実質的には雇用主)には年金の支払い負担がありません。

税金は源泉徴収されないため労働者(請負者)には税引前の全額が渡り、確定申告(タックスリターン)が義務となっています。

 

仮にABNの申請やタックスリターンの手続きをしなかった場合、罰金の対象になってしまうようです。

 

つまりUberEatsをする場合は必ずABNを取得しなければならないということになります。

税金がかかってしまうのは悲しいですが、これは義務です!!!!取得しましょう!

 

スポンサードリンク

ABNを取得しなかったらどうなるの?

ATO(税務局)はいろいろな情報を元に脱税がないかかなり厳しくチェックしているようです。

ABNを取得せず働いていたとしても、すぐにATOが銀行口座から判断し、ABNを取得するよう指摘されます。

 

先ほども言いましたが罰金の対象になります。

その他ブラックリストに入ってしまうと、入国禁止、スーパーアニュエーションや永住権が取得に難しくなる、などの可能性があると言われています。(詳しくは税理士にご相談を!)

 

※ただ正直なところ、移民の国ということもあり、かなりの人がABNを取得せずに帰国してしまっているのが現実のようです。

 

ABNの税率は稼ぎによって違う?

色々調べていると、ABNで働く場合、収入に応じて税率が違うということがわかりました。

こちらがABNで働く場合のTax rate(税率表)になります。

 

ただ、気になる部分が。これを見ると18200ドル以下は0と書いていますね。

健太朗
「あれ?じゃあABNをもっている人は18200ドル以下はOなの? それを超え無いようにしたら税金かからないってこと?」
健太朗
「たしか2017年1月よりワーキングホリデービザは一律で15%の課税がかかることになったんじゃなかった? それならABNを申請をして、所得が税金がかからない範囲であれば、ABNで働くほうがおいしいんじゃない?」

なんてことが頭によぎりました。

 

がしかし、、この税率表は市民権を持っている人のみに適応されるようです。

ワーホリはABNに登録し、ABNとして働き、仮に年収が18200ドル以下だったとしても、15%は必ずかかってしまうみたいです。(37000ドル以下は15%)

 

学生ビザだとABNはどうなるの?

同様です。

ただ学生だと週に20時間しか働けないことになっています。

ATOから連絡が入って、強制勧告させられた方もいるようなので注意してください!!

 

 

ガソリン代が経費として落とせる?!

さて、ここから本題に入ります。

「ABNとらなきゃいけないし、税金も払わなきゃいけないのか〜面倒臭いな〜」

「車でウーバーやりたいけど、ガソリン代の出費を考えたら自転車かな・・・」

なんて考えていたそこのあなた。

 

冒頭でも書きましたが、ABNで働くメリットがあったんです!

それがなんと、

ガソリン代が必要経費として戻ってくるようなのです!

つまり、税金が減額になるということです。

 

Max3300ドル/年まで控除されるみたいです!

(これはウーバーに限らず、ABNで車を使用する場合は控除対象になります)

 

月にすると275ドル。一日中ウーバーイーツをやっている人にはガソリン代全額控除は無理があるかもしれませんが、ほとんどの人がサイドビジネスとしてやられているはず。

そうであれば、ガソリン代はほとんど全額控除されるということになります!

 

これはかなりお得!やるしかありません!

 

 

ちなみにこのことはUberEATSの経費計上についての文面にしっかりと記載があります。

それがこちら▼

 

 

やはり年間最大3300ドルまでは出しますよと記載がありますね!

 

 

ガソリン代を税額控除させるための方法

①ABNを取得

当たり前ですがABNをまず取得しましょう。

uber eats、Uber taxi driverをやるためには必ずABNを取得しなければなりません。

ABNを取得していないと、控除の申請はできません。

 

ABNの申請は結構面倒臭かったり、時間がかかったりするので僕は税理士の方にお願いしました!!

(連絡いただけたら紹介できますよー!)

ネットからもできます。こちらのブログがわかりやすかったので参考にしてみてください→Masashi Blog

 

②log bookを買いに行こう!

ガソリン代を請求するために、Uberで使った距離とプライベートで使った距離を記録します。

 

 

開いたらこんな感じ!

 

Uberとして使った場合は、日付、目的(uberdriving)、Uber中に走った距離(その日のオンラインにしていたトータル距離)を記載し、最後にBusinessにチェックします。

Uberとして使っていない場合も同様に何に使ったかを記入します。そして最後にPrivateのところにチェックします。

 

Office Works オフィスワークスに5ドル程度で売っています。

 

③Car logbookを最低でも3ヶ月記入しよう!

ガソリンの燃費計算をするために最低でも3ヶ月間は記録しなければいけないみたいです。

これについても記載があります。こちらをクリックするとその記事がみれます。

こうゆう時はグーグル翻訳が便利ですね。

こちらがその訳になります。

『税金のために何をする必要がありますか?

ログブックを残す

あなたの車を配達用に使用する場合は、燃料費やその他の車の費用を請求する有効なログブックが必要です。ログブックは、あなたが請求できる自動車の費用の割合の証拠として、ATOによって要求されます。 ログブックがなければ、あなたはあなたの車の控除を請求するために「キロメートルごとのセント」に制限されます。これは最大控除額3,300ドルです。あなたが多く運転すると、これはあなたの実際の経費よりはるかに少なくなり、結果としてより大きな税額控除が発生する可能性があります。 ログブックを保管するための基本は次のとおりです。 それは12週間行わなければならない。 12月が6月30日を過ぎてもかまいません(例:5月〜7月の日誌を保管しています)。しかし、今年のカウントには6月30日より前に始める必要があります。 運転の各シフト/セッションごとに1つのログブックエントリを作成するだけで、個別の配信を記録する必要はありません。また、私的/非出張を記録する必要もありません。 運転の各シフト/セッションの開始時と終了時に、日付と車の走行距離計を記録する必要があります。自宅を出るとき、または配達アプリをオンにするときにログブックを開始し、家に帰ったり、アプリをオフにしたりするときに停止する必要があります。自宅までのあなたのkms、配送の間のkmsをすべて含めることができます。 Zions Pocket Logbookをオフィシャルワークスから$ 7以下で購入することをおすすめします。アプリを使用しても、走行距離計の記録を記録している限り、問題ありません。 バイク用のバイクを使用している場合は、バイクをビジネス目的で使用しているパーセンテージを計算する必要があります。しかし、あなたは正式な12週間の日誌を保管する必要はありませんが、合理的な基礎を使ってあなたのパーセンテージを見積もることができます。 ATOに自分のパーセンテージをどのように計算したかを示すには、少なくとも数週間は何らかのログを残すことをお勧めします。』 

 

 

④ガソリンのレシートを忘れずに!

300ドル以上の経費計上申請する際は、レシートが必ず必要です。

経費で落ちそうなものはとりあえずレシートをとっておく事をお勧めします!

UberEatsでなくてもオーストラリアで働く場合は経費計上されるものが結構あります。

仕事で使用するユニフォーム代、道具、文房具、携帯代、インターネット代などなど。

そのようなレシートは全て取って置き、タックスリターンの際に税理士さんに渡しましょう!

 

⑤タックスリターンを忘れずに

タックスリターンをしましょう。義務です。

そして経費として使ったものがあれば、税金が控除されるため控除対象のものは申告しましょう!

会計年度は7月1日〜翌年6月30日です。

申請期間は7月1日〜10月31日にまでにタックスリターンの申請をします。

これも税理士に頼むことをお勧めします!

(連絡いただけたら紹介できますよ!コメントかメッセージからお願いします)

 

⑥念のため口座にお金をとっておこう!

収入の約15%は念の為とっておくようにしましょう。

思っていたよりもタックスが引かれ、お金が足りず帰国できないなんてこともにもなりかねません!

 

⑦どれだけ稼いだかは記録しなくて良いの?

Uber側が運転した距離と収入を記録してくれているので特に問題ありません。

タックスリターンする時に、Uberのサイトでチェックしましょう。

 

 

おわりに

UberEatsとして働く場合、ABN登録とガソリン代の税額控除は必ず申請しましょう。

そうすればもっと稼げるようになりますし、不安も解消されますね!

UberEats以外でも、自家用車を使用して働いている方は皆さん使える方法なの是非参考にしてみてください!!

 

【稼げる!】オーストラリア・ゴールドコーストで 「UBER EATS 〜ウーバーイーツ」登録方法教えます!

2018.01.02

 

日沼夫婦
現在、私たちは地元の札幌で留学の魅力を発信するべく留学相談や説明会などの活動を行なっています。 札幌以外でも留学に興味がある方は気軽にコメントやメッセージをどうぞ(^ ^)電話やメールでの留学相談も行なってます!

 

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

10 件のコメント

  • 初めまして!現在ワーホリ中で自分も車でUVEReats始めてみようかと思ってるのですがabn取得に苦戦中です。けんたろうさんがお願いした税理士さんのところではABN取得時の費用などはいくらくらいだったのか教えていただけますか、、、

      • ご返信ありがとうございます!
        やっぱりそれ相応の値段はしますよね、、、笑
        もう少し友人の力借りるなどしてちょっとチャレンジしてみます!ありがとうございます!!

  • はじめまして!最近仕事量が減ってきており、ウーバーイーツを始めようと思っています。もしよろしければ健太郎さんがお世話になった税理士さんのABN取得費用額を教えて頂けますか?

  • こんにちは

    突然のご連絡すみません
    オーストラリアにてウーバーイーツを行なっていたのですが、1000ドル前後の取得でしたが、タックスリターンの時期になり税理士の方に頼む場合いくらくらいになりますか?

    よろしくお願いいたします

    • こんにちは!ABNは取得されましたか?UberのタックスはABNを取らないと戻って来なかったと思います。また、結局僕はABNでの収入をタックスリターンしていないので、戻ってきていません。また、その他の税金に関しては税理士さんに依頼し60ドル前後でやってもらったと思います。

    • ABNは税理士の方に頼んでやってもらいました!僕の時とは値段も変わっていると思うので、ネットで調べてお安いところに依頼するのが良いと思います^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    日沼夫婦

    北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら