【優秀すぎ】LINE同時翻訳TO・RA・RE(トラレ)を使ってみた。


スポンサードリンク


こんにちは!現在夫婦でフィリピン留学中のKeito(@hinumafuuuf)です。

今回は、私たちが留学中に重宝したLINE同時翻訳ツール

TO・RA・RE(トラレ)

について解説!

日沼夫婦
留学生や旅行者の方必見です♡

TO・RA・RE(トラレ)って?

「TO・RA・RE」はLINE上のチャットボット(自動応答システム)で、自分が翻訳したい言語を選択しメッセージを入力すると、瞬時に翻訳された文章が返ってくる超便利ツールです。

見た方が分かりやすいと思うので例をご紹介します▼

「TO・RA・RE」をLINEの友達に追加し、今回は【台湾語・タイ語】を選択し追加。※日本語と英語はあらかじめ追加されています

  • 「ありがとう」
  • 「今日は何してた?」
  • 明日試験だから勉強しなくちゃ!」

と私が入力すると・・・

1〜2秒で瞬時に英語・台湾語・タイ語に翻訳され返ってきました!!

ケイト
すご!!!

「しなければならない」などの正確な文章ではなく、「しなくちゃ!」という口語でもしっかりと訳してくれていますね。

ちなみにこの台湾語。台湾人の友人に合っているか確認したところ、「合ってるよ!!」とのこと。タイ人の友達はいないので確認できませんでしたが・・(笑)Google翻訳に入れてみたところ、ちゃんと合っていました♡

100ヶ国語以上の翻訳に対応しており、言葉が通じない国の人たちと自由に会話が楽しめます!

スポンサードリンク

 

登録方法・使い方

まずはトラレを友達に追加!

もちろん無料ツールです。こちらのバーコードにアクセス!

リンクは▶︎こちらから

言語を選ぶ

友達に追加すると、トラレからメッセージが届きます。

開くと、このような画面が▼

この左上にある【言語設定/Setting】を選択すると、100ヶ国語以上のリストが表示されるので、翻訳したい言語を選択。

あとはトラレに日本語で文章を打つと、選択した言語でメッセージが返ってきます♡

ちなみにこれは、友人とのやりとりではなく自分とトラレ間のやりとりです。

ケイト
「〇〇って言いたいけど、なんて言うんだろう?」

なんて困った時に、わざわざ翻訳アプリやGoogle翻訳を開いて言語を設定して・・・という段階を踏まなくても、旅行前にその国の言語を追加しておけばLINEですぐに調べることができます。

この画面を現地の人に見せるだけで相手が理解してくれるので、英語が通じない国でも使えて便利ですね。

 

友人とのやりとりに使いたい時は、トラレを招待

また、友人とのLINEトークでトラレを使いたい時には、LINEのトークグループ内にトラレを招待して入れるだけ!

それぞれ違う言語の友人と複数人で、複数の言語を使って会話できちゃいます!

 

なんと、画像を送信すると読み取って翻訳・・!!

これもマジですごいです!!

▲これは私の英語のテキストの一部なのですが、これを写メってトラレに送ると・・

 

一字一句完璧に英語を読み取り、

 

英語・台湾語・タイ語に綺麗に翻訳してくれました。しかも、たったの3秒で!!!

 

ケイト
読めない言語のレシートなどを写メってトラレに送り、日本語に訳してもらえば、内容が合っているかすぐに確認できるね!!これはなにかと使えそう!!

いや〜時代の進化はすごい!!!ヽ(;▽;)ノ

 

まとめ

私たちのような留学生は英語を勉強している身ですので、他国の友人とはもちろん英語で会話をするのがベストです。

しかし、みんなの英語レベルに差があったりすると、LINE上で意思疎通できないこともあります。

また、もちろん旅行でも重宝します。自分が英語を話すことができても、英語が通じない国。タイ語やアラビア語のように、読むのも話すのも難しい国。

「TO・RA・RE」を使えば、その国で出会った人とより深くコミュニケーションが取れる良い機会になること間違いなし!

面白いので、ぜひ一度使ってみてください♡

登録は▶︎こちらから

【授業や講師の質が高い!】ZA ENGLISH UV校を日沼夫婦がリポート!

2019.04.09

経験者が紹介するフィリピン・セブ留学持ち物リスト【女子編!】

2019.03.23

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

日沼夫婦

北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら