結婚式・ウェディングフォト

2020年挙式カップル必見!たった一手間でイマドキオープニングムービーを作るコツとは?

 

けいと
けいと
こんにちは!ケイトです。

これまでに色々なカップルの結婚式を見てきました。そして、私自身も「自分たちらしいオリジナリティ溢れる式を挙げたい!」と凝って凝って準備をした卒花嫁の1人です。

 

この記事では、これまでにたくさんの式を見てきた私が考える2020年らしいウェディングムービーの構成と作成方法についてお話ししていきます。

 

「他と差をつけた、オシャレな式にしたい・・・!」そんなプレ花嫁さんは必見です♡

他と差をつけたいなら、オープニングムービーに凝るべし

20代中盤になってくると、結婚式に参加する機会が増えてきますよね。中には、1年に3〜4回参列するなんて方も少なくないはず。

何度も結婚式に参列していると感じてくるのが「マンネリ化」。オープニングムービーが流れて、音楽と共に新郎新婦が入場して、挨拶して、ケーキ入刀をして・・・そんな流れがまだまだ一般的です。

会場によってはプログラムをカスタマイズできるところもありますが、それでも内容をガラッと変えるのは中々難しいですよね。

 

そこで、一気に差をつけたいのが「オープニングムービー」。

式の印象を決める、重要な場面です。

 

オープニングムービーで新しさを表現できれば、その後の流れがありきたりだったとしてもオリジナリティを出すことができます。たった3分ほどの場面でも、これがかなり重要なんです。

イマドキ婚におすすめのオープニングムービー構成のコツとは?

写真を入れるなら、長方形の写真をそのまま貼り付けるだけじゃつまらない!

みなさんが一番に想像するのは、どんなオープニングムービーでしょうか?だいたいは簡単に新郎新婦の紹介をして、登場を盛り上げるような流れのものが多いと思います。

新郎新婦が出会ってからの写真や、中には生い立ちを含めたプロフィールムービーを組み込む方もいらっしゃると思いますが、ここで周りと差をつけたいのが「写真の載せ方」

もし写真を使うのであれば、ただ撮ったままの長方形の写真をそのまま貼り付けるだけではインパクトがありません。

 

では、写真が人型に切り取られていたらどうでしょう?

それだけでちょっとイマドキなオープニングムービーになるんです。

例えばこんな感じ。写真の人物だけを切り取って、別に用意した背景画像の上に載せるだけで、こんなにもオシャレに。

 

動画を使って動きのある演出を

そもそも写真ではなく、動画を使うというのもイマドキですね。ウェディングムービーのために動画撮影をするのは中々大変ですが、「より凝ったインパクトのあるものにしたい」というカップルはこれもアリ

ちなみに私は自分の結婚式で動画を使ったオープニングムービーを作成しました。もともと動画を撮るのが好きで、付き合っていた時から撮り溜めているものがあったので、ムービーの序盤にはその思い出動画を使用。

後半は結婚式の準備をしていく過程を撮影し、当日の朝を迎えるというような演出にしました。

 

もちろん当日の朝まで実際に撮影できるわけではないので、当日の朝のシーンは事前にそれっぽく撮影したものを使用しました。2人が今日までどれだけ頑張って準備をしてきたかが伝わる内容になっていて、これから始まるパーティーによりワクワク感が湧きますよね!

撮影動画を使った演出の良いところは、人の声や動きを入れることができるため、引き込まれやすいということ。ただ音楽と写真をスライドして流すより、インパクトがありますよね。

お互いのインタビュー動画や、今日この日を迎えるまでの想いを伝える動画なんかも良いかもしれません。

 

サイト風・SNS風のアニメーションを使う

SNS風に関しては著作権に引っかかることもありますので注意が必要ですが、インスタグラムやYoutubeのようなデザインを使うとそれだけで今っぽくなるのでオススメ。

 

さらにアニメーションを加えると動きも付くのでより見入ってしまうこと間違い無し!

 

例えばこんな感じ。これはウェブサイト風に作られていて、この人差し指のアイコンがボタンをクリックすると次のシーンに進むような演出になっています。

使用しているのは2人の写真だけでも、このようなデザインやアニメーションを加えるだけで一気にオシャレになるのでオススメ。

 

でも実際どうやって作ればいいの?

画像の切り抜きはアプリで簡単に

「簡単に言うけど、そんな高度なことできない・・・」

そう思っている方も多いはず。確かにアニメーション効果を使ったり凝ったデザインを加えるには、それなりの技術が必要です。

 

ただ、写真を人型に切り取って動画に組み込むくらいであれば、誰でも簡単に作成することができます。

現在、写真の編集やショートムービーを作成できるアプリは無料から有料のものまでたくさん用意されています。自作しようと考えている方は、一度無料のもので試してみると良いですね!

画像の切り取りは▶︎Remove Bg がおすすめ!

写真の切り取りは▶︎Canva がおすすめ!

ちなみに私は動画作成時、Mac Bookにあらかじめ内蔵されているiMovieで作成しました。初心者でも簡単に作成できます!

 

さらにこだわりたければ、業者にオーダーするのもあり

私はウェディング系の記事を書かせていただくことが多いので、最近のウェディング事情についてはよく調べるのですが、先日オープニングムービーについて色々調べていたところ、こんなムービーを見つけたんです。

 

シンプルですが、すごくオシャレじゃないですか?

「シュシュ」というムービー作成会社が出している「oldies」というシリーズなんですが、このヴィンテージ感が今流行りのナチュラルテイストな結婚式にすごく合いそうですよね。

派手な登場をしたい方にはちょっと物足りないかもしれませんが、

最近はブーケや会場のデコレーションにドライフラワーやくすみのある色を取り入れたり、新郎新婦の高砂席をレトロなソファーにするなど、

”飾りすぎないナチュラルな結婚式”

が人気なので、そのような雰囲気を演出したいカップルには絶対にマッチしますよね!

 

自分たちが提出した写真を埋め込んでもらうシンプルなムービーなのですが、映像がオシャレなので一気にこだわり感が増します。

そして、これがなんと19,800円で注文できるそう。安すぎる・・・!

ムービーにこだわろうとするとオープニングムービーだけでは物足りず、プロフィールムービーやエンドロールなど全てにこだわりたくなってしまい、どうしても費用がかさみます。

この料金なら、1本か2本は注文して、残りの1本は自分たちで頑張って作ってみるなど、上手に組み合わせられそうです。

公式サイトやYoutubeで注文可能な全てのムービーが再生できるみたいなので、ぜひ一度覗いてみてください^^

▶︎ChouChou公式ウェブサイト

まとめ

最初のたった3分で、結婚式の印象が決まるくらい重要な役割であるオープニングムービー。「大変そう」「めんどくさそう」そんなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、たった一手間加えるだけで、周りと差がつくオシャレなものに仕上がります。

 

結婚式の準備は楽しくないと意味がありません。そして、満足のいく結果でなければ意味がありません。

この記事を読んで、少しでもオープニングムービーのイメージに繋げていただければ嬉しいです^^

セブ島留学エージェント始めました

年に1回は必ずセブ島に留学している私たちが、本当にオススメの学校やリアルな留学事情をお伝えします。まずはサイトをチェック!