何かを長く続けることは本当に良いことだと思いますか?僕はそうは思わない。


スポンサードリンク


 

こんにちは、夫婦でハネムーン中のKentaro(@hinumafuuuf)です。

 

僕はつい最近まで、1つのことを長く続けることは良いことだと思って生きていました。

けど今は、必ずしもそうではないと感じています。

 

今日はその、“何かを長く続けること”について書いていきたいと思います。

 

8年続いた僕のサッカー人生

サッカーが大好きだった小学生時代

昔、僕には心から熱中になれたものがありました。

それはサッカー。

 

小学生時代を振り返ると、毎日サッカーに明け暮れていた記憶しかありません。

 

僕がサッカーに出会う前、ミニバスのチームに入っていたこともありました。

入った理由は、“仲の良い友達がみんな入っていたから”

 

そんな理由で始めたバスケは続くはずもなく、わずか1年で辞めてしまいました。

 

その後、もともと興味のあったサッカー少年団に入部。

サッカー少年団入部してからの毎日は本当に楽しくて、いくら練習しても嫌いになることはありませんでした。

 

好きなサッカーが嫌いになった

小学生〜中学生まではサッカー漬けの毎日を送っていました。本当に毎日。休むことなく。

練習の甲斐あってか、高校1年生の時には北海道の選抜に入ることができました。この時は心の底から嬉しかった。

ですが、選抜メンバーでの練習と高校の部活の練習を両立するようになり、練習量が今までよりもはるかに多くなったんです。

部活と選抜の練習で週7日、びっちりサッカー漬け。

 

高校に入り、学校生活では友達も沢山でき、先輩との関わりが増え、色んなことに興味が湧き熱中したいことが一気に増えました。

そしていつしか徐々にサッカーにしばられる毎日が苦痛になっていきました。

周りからの期待とハードな練習が積み重なり、気づけば好きで始めたサッカーが嫌いになってしまいました。

 

 

“辞めたい・・・”

 

 

たくさんの人に止められました。怒られました。

しかし結局僕は、8年間続けたサッカーを高校1年で辞めることになりました。

 

 

一緒に頑張ってきた仲間や先輩、監督から

「所詮、そこまでの人間」

「根性の無い人間」

「絶対に後悔する」

「中途半端な人間」

など、部活を辞めたことに対して多くの批判を受けたのを覚えています。

 

“たくさんの人を裏切った”

 

あの時心に感じた「疎外感」や「罪悪感」は今でも思い出すと苦しくなります。

 

辞めたことを後悔した日々

僕はずっとその事について後悔し続けました。

僕は、“自分のあの決断が人生の過ちだった”とずっと思っていたんです。

 

「あの頃に戻れたらな。続けてたら今頃どうだったんだろう。」

と考える日々が続きました。

 

「やっぱりサッカーが好きだ」そう思えた

サッカー部は辞めたけれど、プライベートでは時々サッカーをしていました。

高校卒業後は看護師を目指し大学に進学したのですが、大学で出会った先輩からの強い勧めにより、再び大学でサッカー部への入部を決意しました。

大学でのサッカーは高校のスタイルと違って、全くハードなものではないですし、ワイワイ楽しくやるスタイルでした。

サッカーとの向き合いがバランスがとれたことで、大学の頃の僕は「サッカーってやっぱり楽しい!」と思えるようになったんです。

それから大学4年間、サッカーを続けました。

 

次は看護師を辞めた

大学を卒業し、看護師として働きました。

そもそも看護師になろうと思ったのは、安定しているとか、食いっぱぐれないという理由からでした。

景音と結婚を意識し始めた時、僕の考えは180度変わりました。

これから定年まで好きでもない仕事をただなんとなくこなして、なんとなく働いて、なんとなく家を建てて、子供を産んで、いわゆる普通の生活を送ってというのが苦痛で仕方なかったんです。

僕らの出した決断は「自分たちの好きなことをやって死ぬまで楽しい人生を歩んでいきたい。」と言うこと。

 

そして6年間続けてきた看護師を僕は辞め、夫婦で海外に出ることを決意しました。

 

この状況に僕はふと「どこかで同じような経験をしたな」と感じたんです。

まさに高校の頃に感じたのと同じ気持ちでした。

周りを気にして、不安になるあの気持ち。

 

人と違うことをする人に対して向けられる冷たい目

これって少なからず、あると思います。

なぜこれが起きるか。

多くの人は人と同じようなことをして生きている。

何かをするにはその第一人者がいて、それを良いものだと人が認めて、みんなが真似をする。

それが正しいかどうかの判断はみんながしているかどうか。

多くの人が考えている常識の枠の中にいるかどうか。

そんなことを多くの人は知らないうちに判断してしまっているんだと思います。

 

スポンサードリンク

日本の固定概念

僕は、日本人は小さい頃から気づかないうちにそういった考え方を植えつけられている気がします。

部活や習い事など何か長くやってきたものに対して、長く続けた事がすごいみたいな考えありますよね。

  • 大学に行ったほうが良いと言われているからみんな行くし
  • 安定した職についたほうが良いよと言うからみんな安定した職につきたがる。
  • 多くの人が30歳までに子供を産むからみんなそれまでにできないと取り残された気持ちになるし
  • 結婚後もそう。結婚して子供を産んで、家を建てて、それを達成することが一人前の大人だと思っている人がたくさんいるから、みんながそうする。

 

みんながしていることをすると、きっと安心感が得られるんだと思います。

その枠から外れた人に対してじゃあ何を思うか、

「あの人大丈夫?ちゃんと考えてんの?いい歳して」

とかそういったことを思うかもしれません。

僕もきっとつい最近までそうだったかな。

 

長い間同じことをしていれば嫌になる事だってあると思う。

好きでもないことを長く続けることはなぜ良いことなんですか?

明日死ぬかもしれないって時に嫌いな仕事をしますか?

 

オーストラリアに固定概念はない

ある日のこと。

僕がオージーの友達と一緒にバーで飲んでいて、僕が「オーストラリアには固定概念ってある?」と聞いたところ、彼はこう言ったんです。

「んー日本みたいに長い間同じ会社に勤めたり、残業をたくさんしたり、仕事後は上司と飲みに行かなければいけない、みたいな固定概念はないなー。強いて言うなら、オーストラリアの固定概念は”Relax”かな?」

僕は、この言葉にとても衝撃を受けました。

健太朗
固定概念が Relax !?なんじゃそりゃ!?(笑)

 

そんな方達に出会えたこと、そんな国に住んでいることで僕の考えの幅が広り、価値観が変わったことは言うまでもありません。

 

僕にもう後悔はない

今思えば、僕は辞めるべくしてサッカーを辞めたんだと思います。

僕は部活を辞め、その空いた時間をサッカー以外の違うものに当てる事でたくさんの良い経験ができたと思っています。

 

もしかすると、ファッションや旅、サーフィンという趣味を持っていなかったかもしれない。

全く他のことに興味のない、ただのサッカーオタクになっていたかもしれない。

 

本当に好きな人がやれば良い、中途半端にやる人もそれでも良いんじゃないでしょうか。

 

看護師を辞めたこともそう。辞めたことで今の自分がいる。

好きな仕事を続けるなんてストレスがたまるだけだし、正直3年あれば、一人前の看護師になるための必要な知識なんて習得できると思います。

道で倒れている人がいても、今ある知識で助けられる自信はあるし、それで十分でしょう。

本当に好きな人は突き進めば良い。なんのやり甲斐もあまり感じることもなく中途半端に働いている人もいる

ただ僕は中途半端な気持ちでやっていても看護師の知識しかない、視野の狭い人間になってしまうのが嫌だった。

だから、この選択をしたのです。

 

色んな働きがあって良いと思います。

 

僕らは僕らの価値観で幸せに生きている。

 

あんなに自分の選択を後悔していた僕が、今では

“もしあの時あの選択をしていなかったら今の僕はなかった・・・”

と思える日が来るなんて、考えもしなかった。

 

 

周りなんか気にしない、胸を張って今を生きてく。

僕はただやりたいことを妻といつ死んでも良いようにやっているだけ。妻とそう約束して旅に出て、今最高に幸せなんです。

それで良くないですか?

人は好きなことをやれていることが最高に幸せだと思います。

それぞれが幸せならそれで良いんです。

 

色んな考えがあって当然。

一つの人生観じゃつまらない。

 

何があるかわからない。いつ死んでもおかしくない世の中です。

いつか死んだ時に景音と一緒に「最高の人生だったね!」と、天国で笑って話せればそれで良いんです。

 

まとめ

結局、何が言いたいかというと。

人生一度きりなんだから

  • 嫌なら我慢せず辞めて良い
  • 周りを気にしないで自分の好きなことをしよう

と言うことです。

僕が崇拝するホリエモンもこう言ってます。「今を生きろ」と。

自己啓発にはもってこいのホリエモンのスピーチ動画はこちら▼

 

周りの事を気にしている方や気づかないうちに日本の固定概念に惑わされてしまっている方、沢山いるかと思います。

この記事が、そんな方に勇気やきっかけを与えられたらいいなと思います。

 

大事なことを気付かせてくれた僕が出会った方々、そしてこの海外生活に感謝します。

 

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください