【失敗】ワーホリ・留学帰国後のSIMに迷ったらLINEモバイルで!失敗から学んだこと


スポンサードリンク


こんにちは!夫婦ワーホリ経験者のKeito(@hinumafuuuf)です。

ワーホリ・留学に行っている or まさに帰国したみなさん、ケータイ会社に悩んではいませんか?

私たち夫婦は2018年末に帰国し、そりゃあもうどこのSIMを使おうか悩みまくりました・・・でも実際帰国したらすぐにスマホを使いたいので、あまり悩んでいる暇はないんですよね(汗)

今日はみなさんが悩まなくて済むよう、私たちが実際にした失敗談& LINE MOBILEを選んで良かったオススメ理由についてご紹介していきます。

帰国目前の方、必見です!

【失敗】私たち、2年間も番号保存していました・・・

突然ですが、現在ワーホリや留学で海外にいるみなさんは、ケータイ会社を完全に解約してから日本を出ましたか?それとも私たちと同じように番号保存をして出た方はいらっしゃるでしょうか?

出発前、まだ

日沼夫婦
電話番号変わるのってめんどくさい・・・帰って来てからも同じ番号使いたいよね・・!

なんて思っていた私たちは、帰国後も同じ電話番号が使えるように、au(私)・softbank(夫)でそれぞれ完全解約はせずに番号保存(凍結)をして出国しました。

これは、ケータイの通信サービスは停止するが契約は解除せず、月400円ほど支払い電話番号を取っておいてもらうサービスです。

2年前の私たちは、帰ってくるのがいつになるのかも知らずに、そしてこんなにも格安SIMが普及することも知らずに「当たり前に以前使っていたキャリアに戻ると思っていたんです。

ところが帰ってくると、周りは高確率で格安SIM。格安SIMになんて無知だった母親が「今まで8000円近く払ってたのが2000円になるって聞いたから格安SIMにした〜♡」と言うのです。

安い以外にも、海外に頻繁に行く人にはメリットが多いとわかった格安SIM。

調べて行くうちに、特に海外好きにメリットが多いのはLINEモバイルだと思った私たちは、

日沼夫婦
実際電話だってほとんどLINEでしかしないし、電話番号も引き継がなくていいよね!

とau、softbankに戻るのをやめ、停止していた契約を解除して新規でLINEモバイルに変えようとしたわけです。

ですがこの時点で既に

400円×24ヶ月=9,600円 ×2人で 19,200円の損失。

そしてなんと、auは解約するのに契約解除料10,260円かかるとのこと。(出国する前に2年以上使っていても、サービスを一度停止すると再開時はまた0ヶ月からのスタートになってしまう・・・泣)

2年の区切りが良かった時点でさっさと格安SIMに変えてよけば良かった・・・

さらにさらに夫の健太朗は、softbankの契約を解除しようとするも

「一度契約を再開してからでないと解約できません」と。

 

日沼夫婦
はい〜〜〜?!?!?!

 

何度確認しても、とにかく一度契約を再開しなくてはいけないとのこと。

仕方なくとりあえず1ヶ月だけsoftbankユーザーに戻ることにしたのですが、以前使っていたデータ無制限+かけ放題プラン約9,000円。さらにその後の解約手数料に10,260円が掛かったため、この1ヶ月だけで19,260円も支払うことに。

※ちなみに番号保管サービスの手続きにも事務手数料3,000円×2人分かかっています

トータル、二人で51,720円をこの2年間で無駄遣いしてしまいました・・・(正確に言うと、再開時にsoftbankに支払った9,000円は利用したものに対する支払いなので無駄とは言い切れませんが、LINEモバイルなら1,000円以下で済んだのに・・・)

 

しかもさらに面倒臭いのが、これらのキャリアはわざわざショップに出向かなければいけないということ。東京に着いて初日、早くLINEモバイルにしたくてビックカメラに行ったのに、まずはau、softbankそれぞれのショップに行かなければ解約手続きができず、さらにショップに行くと6組待ちでご案内予定時間は1時間半後とのこと。

結局解約全ての手続きに約3時間も掛かりました・・・

 

月500円以下?!LINE MOBILE で実際に私が払っている金額を公開

私の明細はこちら

日沼夫婦
432円、326円、640円・・・え(笑)待ってなにこれ安すぎじゃない??
補足

12月は初月基本料金無料キャンペーンをやっていたので、せっかく無料ならと一番大きい10GBのプランにして計432円。(事務手数料も無料キャンペーンでした)

その後3GBのプランに戻したのですが、最初の3ヶ月間は月額基本料300円キャンペーンが適用になったので、1月 326円、2月 640円(音声SIM3GBコミュニケーションフリープラン)でした。

 

は、破格すぎる!!!ヽ(;▽;)ノ

 

 

ちなみに2月が640円と少し値段が上がったのは、220円分の通話をしたからです。LINEモバイルの場合、30秒20円。が!「いつでも電話」というアプリから電話をかければ半額で発信することができます。

また、通話頻度が多い方向けに10分電話かけ放題オプション(月額880円)というものもあります。

そもそもなんでこんなに安いの???

ソフトバンクから回線を借りている

LINEモバイルは、ソフトバンクからLTE回線を借りています。

LINEモバイルが自社で1から回線基地局を設置し維持するとなると、莫大な費用がかかります。ソフトバンクから回線をレンタルし、自社では回線を維持していないため、こんなに安くすることができるんですね。

しかし、ここで不安として上がってくるのが回線混雑による通信速度

LINEモバイルなどの格安SIM会社は、あくまでもsoftbank、au、docomoなどの回線を一部間借りしている状態なので、ピークの時間帯やユーザー増加によっては速度がキャリアに比べて遅くなる可能性があります。

しかし、私が LINE MOBILE に変えて早3ヶ月。速度に不満を感じたことは一度もありません。

他サイトで通信速度を計測したグラフがいくつも掲載されていますが、数値的に見ても速度に全く問題はなく、他社の格安SIMよりも高速で通信できているとのことでした!

LINE MOBILE のショップが無い

多くの格安SIMはショップがなく人件費が掛かっていないことも安さに繋がる理由として挙げられます。

ショップが無いなんて不安・・・と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、家電量販店にはLINE MOBILEについて詳しいスタッフの方が一人はいらっしゃいますし、電話でお問い合わせも可能です。

逆に言えば、契約も解約も全て電話かオンラインで済ませることができてしまうのでかなり楽ですね!

LINEモバイルにすべきメリット5つ

ここからは私が感じるLINEモバイルのメリットを5つご紹介していきます。

縛りが初回1年のみ!音声SIM最低1,200円〜の低額プランで頻繁に海外に行く人にも使いやすい

2018年末に帰国した私たちですが、実はまた今年の3月から2ヶ月間の短期留学に出るんです。そんな時、月額が高かったり、2年縛りなどの制限があって解約金がかかるキャリアだとまた無駄にお金がかかってしまいますよね。

例えば海外に行く2ヶ月間の間、解約金約1,0000円を払うのは勿体無いため、最安プランに変えて放置しておこうとすると▼

ソフトバンク最安プラン例
基本料金1,200円+WEB使用料300円+準定額オプション500円

=2,000円

しかし、LINEモバイルだと

LINEモバイル最安プラン例

LINEフリー1GBプラン= 1,200円

安い。

解約せずに置いておくとなると、出国ギリギリまで、そして帰国直後も空港ですぐにスマホを使うことができますし、1,200円で放置しておけるなら数ヶ月くらい痛くない気がします。

ちなみにソフトバンクやその他キャリアでは低額プランで放置せずに契約を停止して電話番号お預かりサービスに申し込むという方法もありますが、冒頭でも述べたように事務手数料に3,000円(auは2,000円)、番号保管に月約400円掛かるので、2ヶ月だとどちらを選んでも同じくらいの料金ですね。

補足
ちなみにauだと再開時に2年縛りが0からのスタートになってしまうので、マジで番号保存オススメしない・・・ヽ(;▽;)ノ 

 

ちなみにsoftbank、au、docomoなどのキャリア以外の格安SIMでは電話番号お預かりサービスを実施していないため、一度解約してしまうと帰国時に違う電話番号になってしまうのがデメリットと言えるかもしれません。

でも正直、今って電話番号変わってもそんなに困らない人が多いんじゃないかな〜と思います。

 

LINEモバイルには2年縛りは無く、1年縛り。しかも、その1年が終わったらまた1年が始まるということはなく、最初の1年が過ぎてしまえばそれ以降は解約手数料を取られることはありません。1年か2年かの差って大きいです。1年後にまたワーホリに行くかもしれないし、もっと優秀な格安SIMが出ているかもしれないし・・!

ちなみに通話なしのデータのみSIMだと、そもそも縛りは存在しませんし最低月額500円〜

私は今回の2ヶ月の短期留学中、1GBの1,200円のプランに変えていくつもりです。プラン変更や明細、データ残量の確認もLINEアプリから簡単に行えますよ。

ちょくちょく海外に行く方、短期留学に行く方、本当にさっさと格安SIMに切り替えることをオススメします!!笑

 

LINE、インスタグラム、FacebookなどのSNSは通信量から除外してくれます

LINEモバイルの最大の魅力は、LINEやインスタ、Facebook、ツイッターなどのSNSがカウントフリーで見放題というところなんです!!

実際、スマホ使うほとんどがLINEでのやり取りとSNSだったりしませんか?

LINEとSNSをメインに使う人がLINEモバイルに乗り換えると「全然容量が減らない!!!」と驚くことになります。

私も3GBのプランを選んでいますが、外ではLINEとインスタとたまにググるくらいしか使いません。めっちゃ余ります(笑)

頻繁にゲームをする方やyoutubeを見る方、また自宅にwifiルーターを設置していない方には3GBでは容量が足りず、7〜10GBのプランにしなければならないかもしれませんが、どちらにせよ他社のSIMフリーを使うよりLINEとSNS分のデータを節約できます。

正直なところ、LINEモバイルは格安SIMの中で最安ではありません。1GBプランだと最安値クラスですが、容量が増えれば増えるほどDMMモバイル、DTI SIM、エキサイトモバイルなど他にもっと安い格安SIMが出てきます。(100〜200円ほどの差ですが)

しかし、LINEやSNSのカウントがフリーである分、通常よりも1つ下の容量プランを選択してもいい可能性があるんです。

その点を考慮すると、他社の格安SIMより100〜200円高くても大差はないということですね。

 

余ったデータは翌月に繰り越せる

LINEモバイルでは、余ったデータを翌月に繰り越すことができます。旅行や出張で海外に行き容量を消費しない期間があったとしても翌月使うことができます♡

 

今ならキャンペーンたくさんやってます!

LINEモバイルでは、時期ごとにたくさんのキャンペーンが実施されています。ちなみに現在だと、(2019年2月時点)

  • 3ヶ月基本料金1,390円引きキャンペーン
  • 友人や家族からの招待で音声通話SIM契約時にかかる事務手数料無料(招待した側もLINEポイントもらえます)
  • 他社からの乗り換えでLINEフリープラン10人に1人基本料1年間0円

などなど。



私はこのキャンペーンのおかげで、LINEモバイルに変えて3ヶ月間の合計支払いがたったの1,398円にでした。

本当に本当に安い!

もちろん、キャンペーンが終わってしまっても1,690円/月とこれでもかなり安い。

プランもシンプルなものばかりで、選びやすいですよ♩

今すぐインターネットから申し込みが可能

契約はインターネットから簡単に申し込むことができ、わざわざ店頭に出向く必要はありません。

申し込み後は自宅にSIMカードが届くので、あとは手順に沿って挿入し設定していくのみです。

「自分でSIMを入れ替え・・・?なんか不安・・」

と思う方もいるかもしれません。でも、難しいというイメージが強いだけで、意外ととっても簡単なんです。62歳の私の母でさえ一人でサクサクできていましたよ〜♡何事も挑戦!(笑)



 

まとめ

私がオーストラリアで出会ったワーホリの友人たちは、現在ほとんどの人たちが私と同じように日本に帰国しているわけですが、そのほぼ全員がLINEモバイルを選んでいます。

やはり、縛りが短いということやキャリアに比べて基本料金が安いということは海外好きにとって大きなメリットです。

オーストラリアでは、日本のようにいちいちケータイ会社と契約したり縛りがあったりなんてことはありません。そこら中にSIMカードが売られていて、買って挿入してアプリでプランを選ぶ。それだけです。

そんな簡単なSIMに慣れてしまった私は、日本のケータイ会社の「縛り」や「店舗に行かないと解約できない」などのルールがとても面倒臭いと感じてしまい、そのような点で制限の少ないLINEモバイルに決めました。

帰国後のSIMに迷っているみなさん、是非 LINEモバイル を検討してみてください♡

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

日沼夫婦

北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら