【2019最新】第二のボラカイ?!バンタヤン島への行き方と注意


スポンサードリンク


こんにちは!夫婦でフィリピン留学中のKeito(@hinumafuuuf)です。

ついについについに!!!行ってきました〜!

バンタヤンアイランド!

や〜もうね、想像以上に良かった・・・ヽ(;▽;)ノ

セブに留学してるなら、土日を利用して絶対に絶対にゼーーーーーーッタイに行くべき!

今日はそんな超絶おすすめのバンタヤン島について、行き方と注意事項をご紹介します♡!!!

 

バンタヤン島って?

バンタヤン島は、セブ島北部に位置する小さな島です。

島内に空港は無く、セブからはバス(もしくはバン)とフェリーを乗り継いで行くことになります。

だいたいセブ周辺の島はどこも綺麗なのですが、バンタヤン島は学校の先生たちも絶賛する大人気の島で、ボホール島やボラカイ島に比べてまだリゾート化しておらずローカル感が残っているのが特徴です♡

ケイト
実際に、ボホール島やボラカイ島はリゾート化に伴い物価が上がりすぎて、フィリピン人はもう行けないんだとか・・!

バンタヤンはフィリピン人も「安い!!」と驚くほどまだまだ物価が安く、ホリデーでよく訪れるそうです♡

 

スポンサードリンク

セブからバンタヤンアイランドまでの行き方

予約不要!まずはとにかくノースバスターミナルへ

予約は必要ありません!セブ島の長距離バスターミナル「ノースバスターミナル」にとりあえず向かいます。

ケイト
おすすめは早朝!道路が混んでいない時間を狙うとバンタヤン島までも早く着きます!

これがバス乗り場。

Hagnaya行きのバスに乗ります。乗り場やバスの正面に「Hagnaya」と書いてありますが、そこらへんにいるターミナルのおっちゃんに「バンタヤン!!」って行ったら「こっちだよこっち〜!」とバスに乗せてくれます(笑)

▼一応バスの時刻表を乗せておきますが、

正直時刻表はあまり気にしなくて良いと思います。(始発は4時)

「満席になったら出発⇆次のバスが来る」を繰り返していて、時刻表通りには動いていません(笑)

ちなみに私たちは5:40にターミナルに着き、すぐに満席になったので5:45分ごろには出発してくれました。

エアコン付きのバスと無しのバスがあり、若干値段が違います(何十円の差です)

エアコン無しは暑すぎますが、エアコンありは寒すぎます。。w

おすすめは、エアコン付きバスに乗りパーカーを羽織る!!!ちなみにWiFIもビュンビュンです!

 

バスに乗ったら約3〜4時間何も買えません!

一度だけトイレ休憩がありますが、お昼を買ったりする場所はありません。(あったとしても食べれないようなものしか・・)

早朝出発で朝ごはんを食べる時間もないと思うので、あらかじめバスの中でつまめるものやお菓子、飲み物を用意しておくと良いです。バスターミナルにも売っていますが少し割高です!

ちなみに私は何も持って行っていなかったので、バスターミナルの DUNKIN DONUTS でドーナッツを買いました♡(1個20ペソ)美味しかった♡

お水は1本20ペソしました。スーパーだと10ペソなのでやはり少し割高ですが、ゆうても安いです。

 

学生の方は学割あり!

バス料金はバスが発車してから払います。

通常料金は一人190ペソ(約380円)ですが、学生証を見せれば150ペソ(約300円)になります。一番最初に見せないと無効になってしまうので、このオレンジのお兄さんが来たら最初に見せてください。

にしても3〜4時間の長距離バスが400円以下で乗れるって安すぎヽ(;▽;)

 

ハグナヤからサンタフェ行きのフェリーに乗る

私たちは割と早く出発したおかげで、3時間ぴったりで到着しました!(ちなみに帰りは日曜日の夕方という一番混む時間帯だったので4時間かかりました・・)

フェリー乗り場の目の前で降ろしてくれます。

まずはフェリーのチケットを購入しますが、列ができているのですぐにわかると思います。

ここでも学生証を見せると学割効きます!!

通常料金185ペソ、学生料金158ペソです。

▼フェリーの時刻表

Hagnaya Santa Fe 行きです。サンタフェはバンタヤン島の一番栄えている町の名前です。

私たちは9時すぎに港に着いて、10:30発のフェリーに乗りました。午後になるに連れてフェリーの便は減りますが、朝早くにセブを出れば10:30の便には余裕で間に合いそうですね!

ちなみに船に乗る前に港使用料として5ペソ払います。

 

フェリー

フェリーはこんな感じ。3階建ての結構大きい船です!

45分間くらいでバンタヤン島サンタフェ港に到着します。

 

サンタフェ港に到着

港に着いたら、すでに目の前にはこんなに綺麗な海がヽ(;▽;)

 

フェリーを降りたらまずは港の出口を目指します。出口で島への入場料を支払わなくてはいけません。

港の出口にカウンターがあり、「ここで名前書いて!」と言われます。

書いたら20ペソほど支払い、晴れてバンタヤン島に入ることができます♡

 

バンタヤン島のマスト事項4つ

最低1泊2日は必要です!!!

日帰りでは行けません!いや、行けないこともないけどもったいなすぎるヽ(;▽;)

時間に余裕のある方は2泊しても良いと思います。私たちは2泊しました♡

 

モーターバイクを借りる

島内をいろいろ見て周りたい方はモーターバイクを借りると便利です♡

今回私たちは、ANIKA(アニカ)というホテルに泊まりました。アニカは港までの無料シャトルを出してくれているので、港からホテルまではシャトルで向かい、ホテルにてモーターバイクを借りました。(24時間400ペソ※ガソリンは自分で補充。満タン入れても150ペソ)

ホテルの送迎が付いていない方は、港でモーターバイクを借りると、帰りもそのモーターバイクに乗って港まで来れるので便利です。

私たちはホテルで借りたので400ペソでしたが、港で借りれば200〜300ペソで借りることができます。

町の中心にホテルを取っていて、主にホテルと中心部で過ごすという方はモーターバイクを借りなくてもいいかもしれません。その都度トライシクルに送迎を頼んでも、1回30ペソ程度です。

ちなみに私はモーターバイク怖くて運転できませんでした・・ヽ(;▽;)(笑)

 

ホテルの予約は早めに

2泊3日して一度も日本人に会わなかったくらい、まだまだ日本人には馴染みのない島ですが、欧米人にはとても人気で、綺麗どころのホテルは早々に埋まってしまうことも。

早めの予約がベストです♡

 

4月の連休は危険

フィリピン最大の4連休が4月にあります。これは聖週間(Holy Week)と呼ばれていて、この期間フィリピン人は家や教会で神にお祈りをし、贅沢なことはせず、粗食を食べて過ごします。(お肉を食べてはいけない)

ちなみに2019年は4月の18(木)〜22(日)でした。

セブの大型ショッピングモールも、この木曜日と金曜日は全店クローズ。バンタヤン島のレストランもおやすみするところが多く、フェリーや長距離バスも短縮営業とのことでした。

この2日間にセブに来ても、ほとんどの場所がお休みであまり楽しめないかもしれません。(リゾートホテルなどでのんびりする人は別です)

バンタヤン島に限らず、フィリピンに旅行に来る方は注意してください!

 

まとめ

帰りも同じ要領で帰ることができます。フィリピン人はみんな親切なので、困ったらとにかく聞けばOK!

バンタヤン島に行ったら是非行って欲しいヴァージンアイランドや私たちが泊まったホテルの詳細は次の記事に載せています▼

【まとめ】バンタヤン島おすすめ情報〜レストランからヴァージンアイランドまで!

2019.04.19

 

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

日沼夫婦

北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら