【セブ留学生におすすめ!】大人気のボホール島に行ってきました〜チケット購入からおすすめ5つ星ホテルまでご紹介〜


スポンサードリンク


 

こんにちは。夫婦でワーホリ中のKeito(@hinumafuuuf)です。

オーストラリアにいながらセブ留学時代のことを思い出し、こうして記事を書いていますが

セブでの生活を思い出す度に「はあ〜〜〜もう一回留学したいな〜〜〜」とうずうず。

そのくらい楽しかった!

 

平日は毎日勉強して、週末は近くの島に小旅行に行ったりしていたのですが、その中でも特に印象に残っているボホール島

健太朗が私の誕生日にサプライズで連れて行ってくれたのです❤️

異国の慣れない土地でも一生懸命全力でお祝いしてくれる健太朗に感謝です 😆

今日はそんな、セブ島留学生に大人気の「ボホール島」についてご紹介します。

 

ボホール島ってどこにあるの?

セブ島から東南にフェリーで約2時間のところに位置しています。 ボホール島に隣接した小さな島「パングラオ島」もリゾート地として人気の場所です。

 

セブ島からボホール島までのチケット購入方法

当日に港のチケット売り場で購入することも可能ですが、チケット売り場が信じられないくらい並んでいたり、満席だったりすることが多いです。

特に日帰り観光となると、皆さん朝イチのフェリーを目指すため大変混雑します。

また、チケットを持っていても荷物検査などがあるため30分〜1時間前には到着しなければいけないのですが、当日購入となるとさらに早めにホテルを出発しなければいけなくなるので、私は前日までに購入することを強くお勧めします。

 

事前チケットの購入方法としては、

  • 代理店に直接買いに行く
  • ネット予約
  • ツアーに申し込む

 

などがありますが、まずツアーはお勧めしません。

私自身、安く済ませたいし自分の好きなように行動したい派なので。

またネット予約ですが、私自身購入した経験がなくハッキリとおすすめすることができないため今回はスルー。

というわけで、私が実際に行った代理店でのチケット購入についてご紹介します。

 

私がチケットを購入したのは Wow Travel & More という代理店で、マクタン島にある SM Hypermarket というモールにある支店。セブ内にいくつか支店があるみたいです。

はじめは友人に「ガイサノアイランドモールのWow Travel & Moreで買ったよ!」と教えてもらったためそこに行ったのですが、閉店直前だったため取り合ってもらえず。

SM Hypermarket 店ならまだやってるからそっちに行って!と言われ、そこで購入しました。

 

アヤラモールの4階にある別の代理店で購入した友人もいましたよ?

 

チケット売り場では、

  • ボホール島までの往復チケットが欲しいこと
  • 日付
  • 人数
  • 希望の時間

 

を伝えます。 ボホール島には【タグビララン】【トゥビゴン】という2つの港があるのですが、フェリーの本数やボホールの中心部までのアクセスを考えるとダグビラランがおすすめです。

 

フェリー会社は何種類かあるのですが、タグビララン行きの代表としては Ocean Jet (オーシャンジェット)Super Cat (スーパーキャット)

 

日沼夫婦
朝7〜8時くらいの便で安いの教えて!!

 

と言うと、オーシャンジェットを勧められたため、私たちはオーシャンジェットのチケットを購入しました。往復で800ペソくらいだったような・・・(曖昧) 曜日や時間で値段は変動するそうです。

エアコン付きの室内か、エアコンなしの二階席かも選択できます。(これも値段も違います)エアコン付きは寒くて凍え死ぬと聞いたので、外の二階席にしました。

 

スポンサードリンク

フェリーの乗り方

セブ島にある港、Pierからフェリーに乗ります。

Pierは乗り場が1〜5まであるのですが、ボホール島へのオーシャンジェット便はPier1を利用します。

港まではタクシーを利用。運転手さんに「ピア1」と言えばすぐに通じますよ♩

港使用料として確か25ペソくらい支払い、中に入ります。(これも日によって変動あり)あとは案内に従ってフェリーに乗るだけ?2時間ほどで到着します。

 

現地での移動

基本はトライシクル(バイクの横に二人掛けの屋根付きの椅子が付いている乗り物)かタクシーです。 フェリーを降りたところに大量に停車しているので、値段交渉の上乗車します。

数日間に渡ってトライシクルかタクシーを利用する場合は、「◯日間で◯◯ペソ」というような形でチャーターすると安くできると思います。

例えば翌日にホテルからどこかへ観光に出かけたい場合、ホテルのフロントでタクシーを呼んでもらうと500ペソ取られたりします。(これはかなりボラれています)

大規模リゾートホテルだと周りに何も無くタクシーが拾えず、フロントに頼まざるを得ないということがよくあります。

こういった面でも、一人のドライバーと交渉して数日に渡って送迎してもらうのが良いと思います。

私たちは6名で行ったため、バンをチャーターしました。チャーターの予約は語学学校の先生が知人に頼んで手配してくれました。2日間、移動し放題で1800ペソでした。(一人300ペソ)

 

おすすめ観光スポット

アロナビーチ沿いを散策

ボホール島で一番のメインビーチである”アロナビーチ”。

とにかく海が綺麗!!! 当日申し込めるパラセーリングなどのアクティビティもありました。

ビーチに沿って小さな雑貨屋さんやレストランがズラーッと並んでいるので、お土産を買ったり食事もできます。

 

私たちのホテルはアロナビーチの真横だったので、ホテルのプールとこのビーチ周辺で丸1日楽しむことができましたよ✨

 

チュコレートヒルズ&ジップライン

ボホール島といえばチョコレートヒルズ。

 

チョコレート・ヒルズ(英語: Chocolate Hills、セブアノ語: Mga Bungtod sa Tsokolate、フィリピノ語: Mga Tsokolateng Burol)は、フィリピンのボホール州にある、地質学上の特異な地形[1]。一帯には少なくとも 1,260の丘があり、一説には50km2 (20 sq mi)以上の広さにわたって 1,776の丘があるとされる[2]。丘は緑の草で覆われており、乾季に入るとこれが枯れて茶色に変わり、チョコレートのような色合いになることから、この名が付いている。 ウィキペディア”チョコレートヒルズ”より引用

 

私たちが行った時は雨季でスコールにも何度も当たり悲惨だった上に、乾季に入っていなかったためチョコレートヒルではなく抹茶ヒルだった・・・つまり普通の緑の小山。(笑)

小さい山がひょこひょこしてて可愛かったけどね!!(笑)

 

そしてここではジップラインも楽しめます❤️

ちなみにこれ私なんですが、こんな感じで空を飛べます!(笑) これは確かスーパーマンって名前。

 

ターシャを見る

ターシャとは、ボホール島に生息する世界一小さいサル。全長10cm くらい。

 

ストレスがかかりやすく、すぐに体調を崩してしまう繊細で可愛いお猿さん。

観光客は、ターシャ観察区域にて見ることができます。

 

日沼夫婦おすすめ!絶対に泊まって欲しい「HENANN RESORT Alona Beach」

私たちが宿泊した、パングラオ島にあるリゾートホテルです。

 

立地

メインのビーチである“Alona Beach”の目の前にある、5つ星ホテル。

もう、ほんっっっっっっっとにオススメ!!!

ホテルとメインのビーチが同時に楽しめて、ホテル内もめちゃくちゃ広い!!!まだ新しいホテルでとても綺麗だし、雰囲気も最高❤️

 

ホテル内

プールは3つあります。客室は普通タイプとヴィラタイプがありました。

 

プールに入りながらバーでお酒を飲むこともできます♩

 

 

 

夜はホテル全体がライトアップして雰囲気満点◎

 

料金

私たちが宿泊した時は、セブ島の祝日だったのにも関わらず、1泊1人あたり約7000円で宿泊することができました。

しかも素敵な朝食付き。 メイン料理を一つ選んで、その他はブッフェ形式なのですが、そのメイン料理をレストランのグランドメニューから選べるという?❤️

 

前日のディナーで食べようとしてたステーキをタダで食べれた・・・!←

私たちは遅めの朝食で11時前頃に行ったので、昼食感覚でガッツリ食べれて大満足✨

パングラオ島には他にも素敵なリゾートホテルがありますが、ここHenann Resortはアロナビーチまでも船乗り場までもアクセスが良いのでおすすめですよ。

ご予約はこちらから世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com

 

おわりに

気軽に行けて、さらにお手頃なお値段で豪華ホテルに泊まれるボホール島。

セブ留学中の週末を使って、ぜひリラックスしに行ってみてください♩


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

日沼夫婦

北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら