《銀行口座開設方法》英語ができなくてもこのカンペがあれば大丈夫!オーストラリアでの銀行口座開設方法教えます。


スポンサードリンク


こんにちは、夫婦でハネムーンワーキングホリデー中のKentaro(@hinumafuuuf))です

今回はワーキングホリデーに到着したばかりの方やこれからワーキングホリデーに来る方向けに、NABでの口座開設方法について説明していきたいと思います。

 

オーストラリアに到着直後はやるべきことが沢山あるとは思いますが、僕らの記事で1日でも早く最高のオーストラリアライフをスタートしてもらえたら良いなと思っています。

そして今回なんと、僕が作ったオリジナルの

【英語が話せなくてもこれを見せるだけで口座つくれちゃうよカンペ】

も載せちゃいます!PDFファイルをダウンロードして、是非みなさん活用しちゃってください!!

 

それでは説明していきます。

 

開設の前に

口座開設に必要なもの

まず必要なものを揃えます。

 

・パスポート

・オーストラリアの住所

・オーストラリアの電話番号

・デポジット

・VISA証明書

・入学証明書(学生の方は念のため)

 

口座開設は早めにやるべし!

口座開設はできるだけ早めに行いましょう。

住所が必要なので家が決まり次第、行くことをお勧めします。

到着後6週間を過ぎてしまうと必要書類が増えてしまうので注意してください!

携帯手続き→家探し→口座の流れですね!

 

スポンサードリンク

口座開設の種類

 

Classic account 普通口座

ATMの引き出しやカードでの支払いの際に引き落とされる口座。給料の入金や送金にも使用します。

利息はほとんどなし、0.01%です。

NAB I Saver 普通口座

利息のつく口座。利息は0.8%(2018年5月)

Classic accountのみの申請もできますが、Classic account+I Saverの開設をお勧めします。

I Saverの口座を作る際はClassic accountの口座も同時に作らなければなりません。

この口座にはお金が入っていれば利息が付きますので、基本的には使わないお金を入れておきます。

僕は基本全てのお金をこちらに入れておいて、買い物をする際にこの口座からClassic accountの口座にお金を移し、カードで支払っています。

ほとんどの方がこの二つの口座をインターネットバンキング機能と併用し利用しています。

 

Nab reward saver(積立口座)

ISaverよりも通常の利息は0.5%と低い口座なのですが、この口座のすごいところは月一回以上預け入れをすると利息2.0%のボーナスがつき合計2.5%の利息が受けられるというかなりオススメの口座です。

注意してほしいのは引き出してしまうと利息が通常の0.5%になってしまうということです。

Isaverと併用して使用することをオススメします。

(reward saverの利息は2018年5月のものです)

 

口座を開設する際の流れ

口座を開設する際のスタッフからの質問内容や流れです。

 

用件は何か伝えよう

[How can i help ?] ご用件は?

健太朗
I’d like to open an account.

 

身分証明書の確認

[do you have ID today ?] 身分証明書はありますか?

健太朗
Yes, I do.  (パスポートを見せる。)

 

ビザの種類

[what’s your visa ?] 何ビザですか?

健太朗
I’m working holiday visa . or  I’m student visa.(ビザの紙の提示を求められることも)

 

住所と電話番号の確認

[could you tell me your address and phone number?] 住所と電話番号を教えてください。

健太朗
My address is   ◯ ◯ ◯   . My phone number is  ◯ ◯ ◯  .

(あらかじめ紙に記載しておき、見せる方が良いと思います)

 

口座の種類について

[Which type of account do you want ?] どの種類の口座を開設しますか?

健太朗
I would like to open classic account with i saver account , please.

 

Deposit の金額

[how much money do you want to deposit] デポジットはいくらにしますか?

健太朗
It’s 10 dollars , please.

 

デポジットはいくらでもOKですが10〜20ドル程度で良いと思います!

 

PINコードとATMカードの引き取り方法

[where would you like to get your card and PIN code paper ?] PINコードの紙とATMカードをどこで引き取りますか?

健太朗
I would like to get paper and card in this bank or i would like to get in my house.

 

口座開設一週間くらいで、銀行カードとPINナンバーが書かれた紙を銀行からもらえるのですが、自宅へ郵送かその銀行での引き渡しを選択することができます。

その後、PINコードなど変更しなければなら無いと思うので、銀行での引き渡しをお勧めします。

手続きは約30分程度です。

口座開設後すぐに口座を利用することができます。しかしATMの引き出しする際のカードは後日届くので、それまでATMのは使用できません。

 

その他

Account number と BSB number

 

Could you tell me my Account number and BSB number ?  

Account numberとBSBnumberを教えていただけませんか?

通常、ABNアカウントとBSBナンバーが書いた紙を渡されます。もし渡されなかった場合、必要なものなので上記の文を質問して紙をもらいましょう。Internetbankingの登録する際に必要なのでメモしておいてください。

 

スーパーアニュエーション(Superannuation)

スーパーアニュエーション(Superannuation) 年金口座を開くかどうかを聞かれることもあります。

年金口座は会社が指定してくるので、ここでは作らなくていいです。

 

インターネットバンキング(internet banking)

[Would you like to register internet banking access?]    Internet bankingはご利用になられますか?

Yes please.

 

カード社会のオーストラリアでは通帳等はなく、銀行に行く必要なんかありません。24時間いつでもパソコンや携帯で残高を確認したり、振り込みができます。PCの場合はNABのサイトから、携帯の場合はアプリをダウンロードしログインする必要があります。

日本と比べてとても便利なのです。

インターネットバンキングの基本的な機能についても説明されます。

もしこの質問をされなかった場合は、

I would like to register internet banking access and tell me my tempolary password and ID . と伝えると教えてくれます。

password とIDを確認したら、NABのアプリを取得しログインしましょう。

 

タックスファイルナンバー(tax file number)

タックスファイルナンバーを持っている場合は口座に登録します。

まだ持って無い方は後でインターネットバンキングで登録可能です。

 

これがあれば心配ない!!

ここまで流れを説明しましたが、みなさんのために、僕なりに考えた口座開設に必要なメモの紙を作成しました。

この用紙を印刷し、銀行に持っていき銀行スタッフに渡せば、銀行員との英語での確認作業が最小限に抑えられ、スムーズに行くと思いますのでよかったら使用してみてください。

これを見せるだけで口座作れちゃうよカンペ

こんな感じで作りましたー!!

 

「海外に英語を学びに来たんだ!必要ない!」という方も念のため印刷してみてはいかがでしょうか?

 

I Saver についてくる便利機能

I Saver に加入すると自動的にVISAデイビット機能、VISA Pay wave 機能、Eftpos 機能ができるようになります。それぞれの機能について説明していきたいと思います。

 

VISA デビット

VISAのデビットクレジットカード機能です。世界中のVISAカード加盟店で使用できます。決済後はVISAを経由し、リンクした支払い口座から即座に引き落とされる仕組みになっています。日本と違い、翌月に銀行口座から引き落としなどではなく、即時決済になります。いくら使ったかわからなくなる人にとってはこのカードは使いやすいのではないでしょうか。

店によっては支払い手数料がとられる場合もあり。

 

Visa Pay wave

スーパーやレストランなどでIPadやクレジットカードの機械にかざすだけで支払いができてしまう便利な機能です。

 

Eftpos

スーパーなどで現金を引き出せるCash out 機能がついている。ATMに行く必要がないのです!

Pay wave の際、引き落としが、銀行口座からとなります。

 

 

 でてくる用語集

普通口座=Classic account, I Saver , Saving account 口座手数料=Account fee 口座番号=Account number 暗証番号=Pin Number

預入=Deposit 引き出し=Withdraw 取引=Transaction 金額=Amount  利子=Interest   小切手=Check

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。一般的に聞かれそうなことや流れについて記載しましたが、英語での聞かれ方の違いが多少あるかと思います。

僕が作ったメモを使用すればスタッフも必要事項を簡単に把握できますし、どのサービスを利用したいかがわかり、効率よく口座開設ができると思います。

英語が苦手な方はこちらを是非使ってみてください。→これを見せるだけで口座つくれちゃうよカンペ

 


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

日沼夫婦

北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら