バンダバーグで素敵な記念日ディナーをしてきました!〜1st anniversary〜


スポンサードリンク


 

こんにちは。現在、夫婦でハネムーン中のKeito(@hinumafuuuf)です。

 

先日8月1日は、私たちの結婚1周年でして・・・❤️

 

健太朗がとっても素敵なサプライズをしてくれました〜!!

 

今日はそのサプライズの様子と

その時のお店や周辺情報をちょこっとご紹介♩

(つまり半分耳寄り情報で半分ノロケです笑)

 

綺麗な海「Bargara Beach」

私が仕事から帰ると

健「あと1時間で出るよ!準備して!」

 

『ほえ???』

 

 

とりあえず準備し、その後

隣の家に住む友達の車に乗る。。

車内には、私たち2人と台湾人の友達3人が乗っていて

景『え??何??みんなでどっか行くの???』

健「ん〜俺もよくわかんない」←や、絶対知ってるやんw

 

 

15分後、、、

海に到着。(なんで海・・・?)

 

健「ありがとねー!!」

友達「楽しんでねー!!」

解散。

 

 

え、なに?ただ送ってくれただけ??

しかもわざわざ三人がかりで?(笑)

と終始混乱する私。(笑)

 

 

ちょっと時間あるから散歩でもしようか!と

海沿いをお散歩することに

 

 

綺麗〜〜〜!!!✨

 

バンダバーグの中心のセントラルと呼ばれるところから

車で15分程です。(バスもあります♩)

この地図のように⇩

なが〜〜〜い海岸線を歩けるようになっていて、海を見ながらお散歩できます。

 

 

 

 

海岸沿いには、公園とか遊具も所々に設置されていて

子供でも楽しめちゃう(しかも海を見ながら)、最高のロケーションです。

 

サンセットは反対側だから見れないけど、

サンセットの光りをちょっとだけ受けながら、ピンク色に少しずつ染まる海もまた絶品です。

 

 

 

海の見えるレストラン「Kacy’s」

 

お散歩後、健太朗が連れてきてくれたのはここ「Kacy’s」

冬はビニールで防寒しているみたいなんだけど、夏はこれが取れて半分室内、半分屋外という感じになるそう♩

ここ、雰囲気もとっても素敵なんだけど、店員さんの対応とか笑顔が神がかっていた❤️

 

 

月曜なのに6時半の時点でほぼ満席・・・!

 

席に着くとなんと

薔薇の花束とプレゼントとお手紙が・・・!!

 

『え〜!!なにこれ!!!いつ持ってきたの?!?!?』

 

と終始びっくりしていました。

 

 

食事も美味しい!!

私たちが頼んだのは

パテとフルーツのプレート($20)

 

ガーリックシュリンプ($20)

 

オイスター(1個$4)

 

EYE FILLET ($37)

 

んん〜〜〜!!全部美味しかった!!!

あのアイフィレ忘れられない。。。

 

 

テンション上がって4杯も飲んでしまいました 😆 ❤️(本当毎日晩酌してる・・・やばい・・)

こんな素敵な海やレストランがあって、人も優しくって

バンダバーグ、全然田舎じゃないです。最高です。

こんな素敵なところで働いてセカンドビザが取れるなら何度でも来る!!

 

 

Kacy’s、絶対にまた行きたいお店です♩(海の見える一番前の席は要予約!)

 

「あれ・・・帰りどうやって帰るんだろう・・・」って思ってたら

先ほどの友達3人が外で待っていてくれました。

私たちがディナーしている間、3人も美味しいタイ料理を食べて待っててくれたらしい・・・涙(はやく車欲しいな。。)

 

 

「本当にありがとう!何かお礼させてね!」って言ったら

『あなたたちのおかげで、人生で1番美味しいタイ料理に出会った!これはむしろこの機会をくれた二人のおかげだよ、ありがとう。』

って・・・

なんて優しいのーーーー。

今度はそのタイ料理にみんなで行くのが今の楽しみ♩

 

おわりに

結婚したり付き合いが長くなると、誕生日や記念日が疎かになることって世の中の夫婦にはよくある話だと思います。

でも、私たちは結婚するときに「お祝いやサプライズ・プレゼントをいつまでも大事にしよう」と話合いました。

お金をカツカツのお小遣い制にして全て嫁が管理したら、もちろんプレゼントもサプライズもできないし

結局「一緒に買いにいく」とかになっちゃって、どんどん相手を祝うドキドキ感や祝われるドキドキ感がなーなーになる気がする。

だから私たちは二人で家計を管理して、お祝い事のために少し余裕を持てるようにしています。(その代わり、お互い相手のために遣うっていう決まり)

 

子供ができたり家を買ったりしたら、今後そんなことができるのかはわからないけど、今のところずっと続けていきたいと思っていることです。

いつまでも新鮮な夫婦でいれる秘訣の一つな気がする。

 

 

今回、お店の予約の電話やサプライズのことを健太朗がぜーーんぶ英語でやってくれたの!

食事の注文も、高級レストランで遣うような上品な英語でスラスラと注文してくれてかっこよかった・・・!

 

最初セブ留学で全く英語が話せなかった時のことを思い出すと泣けるくらい感動する。

いつも全力で、思いの込もったサプライズをしてくれる夫に本当に感謝です✨

【2018年最新版】ゴールドコースト&バイロンベイを1秒たりとも無駄にせず楽しめる私流5泊6日のパーフェクトプランをご紹介します

2018.05.13

【ゴールドコーストお得・節約情報】ドリームワールド・ムービーワールド・シーワールドなどテーマパークの年パス解説+お得な映画館紹介編〜

2018.02.20


スポンサードリンク


役に立ったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

日沼夫婦

北海道、札幌市出身。2016年に結婚後、あまりの意気投合具合に「二人で新しい人生の道を切り開いていきたい・・・!」と夫婦で仕事を辞めセブ島留学→オーストラリアワーホリ→セブ留学を経験。 もっと詳しいプロフィールは▶︎こちら